PROFILE

BSM for Dancers インストラクター  鈴村英理子

ダンサー/振付家 

岐阜県出身、滋賀県草津市在住。

5歳からモダンバレエをはじめる。全国舞踊コンクール第2位、入賞数回。

大阪芸術大学舞台芸術学科演技演出コース卒業後、役者として様々な舞台に立つ。

その後「やはり踊りたい!」という想いから、コンテンポラリーダンスやコミュニティダンスの活動を開始。

ダンサーだけではなく、CM振付・ワークショップファシリテーターなどの活動もしている。

2010年ごろに武道家・日野晃先生のワークショップを受けてから、カラダの使い方が変わり、自身の表現の幅が広がる。

このカラダの使い方をどのように伝えていけばいいか試行錯誤しているところに、美構造®と出会い、BSMメソッドを取得。

ダンサーもダンサーでない人も、無理なく心地よく動くカラダになるためのサポートをしている。


普段は5歳と1歳の姉妹のお母さん。

子どもと一緒に踊ったり、日々の暮らしを楽しんでいる。

そんな様子をブログ「おどるくらし」に綴っている。